事例紹介[お客様の声] CASE STUDY

試験当日に答案は持ち帰り、夕方にはwebで解説動画を見て、
夜には成績表と採点済み答案がアップされる

株式会社野田塾

April.2017

2013年度より塾内でのテストの採点業務にデジタル採点システム「YouMark」導入。
今回はテスト業務全般の責任者の山田豊様と、実際に「YouMark」の設定・管理を担当されている川合里沙様に、「YouMark」導入の経緯、導入後の効果についてお話を伺いました。

PDFで見る

試験当日に答案は持ち帰り、夕方にはwebで解説動画を見て、夜には成績表と採点済み答案がアップされる

YouMarkを導入頂いた3年ですが、最初に導入頂いたのは小学生の月例テストでした。導入の経緯、現在の運用について教えて下さい。

山田様佑人社さんの採点システムは以前から知っており、これを使って業務改善できないかというのは塾長も以前から申しておりました。この時期、専任講師の一番の負担になっていたのが、月例テストの採点業務でした。当時は各校舎で手採点を行っておりましたが、専任講師にとっては、非常に負担が重く、校舎によって負担の不公平感もありました。また、返却まで1週間近くかかっていたのも課題でした。そこで各校舎にスキャナを導入し、「YouMark」による採点に踏み切りました。

川合様当時は私も校舎で教鞭をとっておりましたが、この採点業務の負担は非常に大きかったです。授業で疲れたあとに締切のある採点に追われているような印象でした

山田様現在は各校舎で14時から試験を開始し、終わった教科から順次スキャンし採点を開始します。採点は各校舎に分担する設問を決めています。試験は16時に終了し、児童は未採点の答案を持って帰宅します。すべての採点が終わるのがだいたい18時。ここから集計作業を行い、21時頃にはwebに成績データと採点済答案がアップロードされます。また児童には17時にアップロードされる模範解答、解説動画、類似問題を使って、ご父兄と一緒に自己採点、復習をすることを勧めています。とにかく1日ですべて終えられる形を作れたのが良かったですね。動画の閲覧率はほぼ100%、成績も90%以上のご父兄が当日にご覧になっています。

小学生の月例テストのタイムスケジュール

お正月の中3「入試速解ゼミ」はYouMarkがあったから復活出来た企画

年末年始の入試速解ゼミはすごいですね。3,000名以上の5教科の答案を実施当日に採点し成績表を配布されていますよね。

山田様これは実は以前に行っていた企画で、合格答案作成のための実戦力養成特訓として野田塾の看板企画でした。手採点で行うにはあまりにも講師の負担が重いものでしたが、小学生の月例テストのデジタル採点が慣れてきたことで、「これなら復活させられる!」と塾長から声がかかり実現させました。今年は1月2日と3日の2日間行いました。午前中に試験を実施し随時各校舎でスキャンし、午後は解説講義を行います。その間に全校舎のスタッフで分担して採点を終え、本部で成績処理を行います。成績表は各校舎に配信し印刷、帰りに生徒に手渡します。

川合様実は小学生の月例テストよりすんなりと運営できていますね。スタッフが十分に確保されているのと、全校舎がこの企画の運営に集中できているからだと思います。

入試速解ゼミのタイムスケジュール

とにかく採点ミスのクレームがなくなった

YouMarkを上手にご利用頂いて、塾の運営に活かして頂いていますが、一番のメリットは何でしょうか?

山田様当初は講師の負担軽減、採点期間短縮というのが一番の目的でしたが、導入した後で感じるのは、とにかく採点ミスがなくなったことです。2人で採点して一致確認するこの形が効果を発揮しています。また分業して作業できるようになり、設問ごとに採点チームを分けることで、採点基準が均一化できたことも大きいですね。採点期間を短縮しつつ、より良い採点を実現出来ています。

株式会社野田塾

株式会社野田塾

愛知県津島市に本社を構える老舗の大手学習塾。愛知県下に63校舎を擁し、約10,000名の生徒が通う。

お電話によるお問い合わせ

03-5834-8801

営業時間:月~金 9:30~18:00

お問い合わせフォーム

サービスに関するご質問、
「YouMark」のトライアルお申し込みはこちら